FC2ブログ

X Amusing Blog to †RUSHIA† X




X Amusing Blog to †RUSHIA† Xへようこそ。
ここでは誰もが知ってる有名なものから誰も知らないマイナーなものまで、
ジャンルを問わずゲームや動画、画像等を紹介していきます。

Navigations, etc.


  • TOP  




  • logs

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    画面の一番上へ戻る





    web拍手 by FC2

    人気ブログランキングへ にほんブログ村 動画紹介ブログ 面白動画へ fc2ブログランキングへ  blogramのブログランキング
    ブログの殿堂

    【犬の断尾・断耳2】




    前回の記事(【犬の断尾・断耳】)で断尾・断耳というものについて紹介しました。

    断尾・断耳についてはそれぞれ賛否両論いろいろな意見があるとは思いますが、
    そういった断尾・断耳の是非についてはまた別の問題として、
    今回は単純に断尾・断耳した犬としていない犬の印象の違いについて画像で比較紹介していこうと思います。


    まずは断尾・断耳についての記事を書くきっかけとなったグレートデンから。

    断耳してないグレートデン(左)と断耳したグレートデン(右)
    クリックで画像拡大

    断耳していないと優しく穏やかな顔つきに、
    断耳しているとキリッと精悍な顔つきに見えますね。 


    続いてドーベルマン(ドーベルマン・ピンシャー)。
    よく断耳される犬ではドーベルマンが一番有名ですかね。

    断耳していないドーベルマン(左)と断耳したドーベルマン(右)
    クリックで画像拡大


    04340x.jpg

    断尾・断耳したドーベルマン
    クリックで画像拡大

    断尾・断耳してしないドーベルマン
    クリックで画像拡大

    一般に怖い印象のあるドーベルマンですが、
    断耳していない顔は物凄く柔らかい印象です。
    日本ではペットとして飼っている人があまり多くないので、
    ドーベルマンといえばテレビに映る警察犬のイメージが強いですよね。
    圧倒的に断尾・断耳された固体が多いです。
    (画像を検索していると警官が垂れ耳のドーベルマンを連れている画像も稀に見かけるので、
    特に断尾・断耳しないといけないというような規定がある訳ではなさそうだけど。)
    そのため「ドーベルマンの耳は立っているもの」「ドーベルマンの尾は無い・短い」
    「これは元々こういう種類」と思っている人も多いのではないかと思います。
    (実際自分が初めて断耳というものの存在を知ったのも、
    断耳されていないドーベルマンを見て「このドーベルマンに似た犬なんて種類だろ?」と調べた結果、それが実はドーベルマンの本来の姿だったという経緯があります)



    続いてボクサーです。

    断耳したボクサー(左)と断耳していないボクサー(右)
    クリックで画像拡大クリックが画像拡大



    こちらは断耳してもあまり怖くはないですね。
    目がクリッとしててどこか抜けた感じがかわいい^^
    しかし、やはりどちらかというと立っている方が少し精悍に見えますかね。
    ボクサーは主人など気を許した相手に対しては忠実で従順な人懐っこい犬種ですが、
    こう見えて警戒心が強く、闘犬にも使われるほど気の荒い一面も持っています。


    お次は尾の無いイメージを持たれている犬の代表種コーギー(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク)。

    断尾したコーギー
    クリックで画像拡大

    断尾していないコーギー
    20110226_1997596.jpg

    コーギーの断尾は根元付近で切ることが多いので尾が無い種類と思ってる人が多いです。
    どう違うかうまく言葉で表せないけど、それぞれ違った可愛さがあります。


    最後は最近大人気のトイプードル。

    断尾したトイプードル
    e0076091_22115119_e.jpg

    クリックで画像拡大

    断尾していないトイプードル
    1-100113_e.jpg

    クリックで画像拡大



    おまけ
    サマー・マイアミ・クリップ
    クリックで画像拡大

    コンチネンタル・クリップ
    クリックで画像拡大

    もちろんこれらは人間が毛を刈っただけです(さすがに言うまでも無いか・・・w)。
    画像上のカタカナはカット方法の名前です。


    いろいろ見てきましたが、尾や耳があるかないかだけで随分と印象が違いますね。
    今回紹介したのは断尾・断耳されている犬種のほんの一部です。
    日本でペットとして普通に飼われている犬種にも断尾・断耳されているものは沢山います。
    (断耳は日本で一般に飼われる犬種では少なめですが、断尾は結構多いです。)
    飼っている飼い主自身、断尾・断耳されているという事実を知らずに飼っていることも多いようです。

    ブリーダーから生まれた子犬を譲り受ける場合など、
    断尾しないでくれと頼んでおけば聞き入れてくれる方は多いようなので、
    気になる人は犬を飼う前に飼いたい犬種が断尾・断耳される種類なのかどうかを調べて、
    断尾・断耳される種類ならしないように頼んでみましょう。


    〔関連記事〕
    【犬の断尾・断耳】




    画面の一番上へ戻る





    web拍手 by FC2

    人気ブログランキングへ にほんブログ村 動画紹介ブログ 面白動画へ fc2ブログランキングへ  blogramのブログランキング
    ブログの殿堂

    トラックバックURL

    http://fc2amusing.blog91.fc2.com/tb.php/179-a3414bd9

    この記事へのトラックバック

    この記事へのコメント

    コメント投稿フォーム

    BLOG RANKING

    このブログランキングの応援バナーをクリックして下さっている方、本当にありがとうございます。ブログランキングからのアクセスが無いと殆ど見られないような弱小過疎ブログなので大変助かっております。

    人気ブログランキングへ にほんブログ村 動画紹介ブログ 面白動画へ fc2ブログランキングへ  blogramのブログランキング ブログの殿堂

    LINK



    このブログをリンクに追加する

    アンケート

    みんなの検定

    MAIL FORM

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     











    Navigations, etc.

    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。